銀河鉄道物語

銀河鉄道物語とは、松本零士が不朽の名作といわれる「銀河鉄道999」で描ききれなかった様々な内容を再構築し、銀河鉄道全線を描いたスケールの大きな作品です。999の壮大な世界観はそのままに、壮大なスケール、緻密な鉄道車両の描写、人間味溢れる松本零士ならではの登場人物が繰り広げるストーリーは、画業50年を迎えた松本零士の集大成と言える作品となっています。

アニメは、2003年から2007年にかけて、全3シリーズが発表されました。「銀河鉄道物語」「銀河鉄道物語~永遠への分岐点~」は、テレビアニメとして、「銀河鉄道物語~忘れられた時の惑星~」は、OVAとして制作されました。

また、松本零士の漫画家活動50周年記念作品の漫画も執筆されました。「ビッグコミック」「ビッグコミックスペリオール」にそれぞれ掲載されました。松本零士のその後の作品の設定やねたが随所に登場しており、銀河鉄道物語は、過去の集大成であり、未来へ向けた大きなターニングポイントでもある作品です。